この海域について

E-2にして鬼クラスが登場と本格的な艦これイベントという感が満載のステージになります。ボスは4-4通常海域とほぼ同じですが、随伴艦隊が異なるため、多少心がけることが変わってきます。E-1もそうですが、攻略方法を知らないと、常に全速力で走り回り、結果赤疲労となってパフォーマンスが落ちて沼にハマるというパターンが起こり得ます。E-2攻略方法はE-3でも大部分が流用可能なので、ここでマスターしちゃいましょう。

通常海域

海域難易度☆☆☆☆
消費GP350GP経験値
戦果(道中)戦果(ボス)
作戦名警戒線を突破せよ!
作戦内容高速艦隊をもって敵泊地警戒線を突破せよ!
作戦時間05'00"砲撃戦時間
出撃制限丙乙なし
重巡洋艦2隻軽巡洋艦1隻を基幹とした高速艦隊で出撃せよ

甲作戦

マップの見分け方

マップAマップBマップC
MapBmiwake.pngMapAmiwake.pngMapCmiwake.jpg
開幕前進すると上から敵艦隊(タ級)出現開幕前進すると上から潜水艦出現開幕前進すると、下から敵艦隊(タ級)出現


マップA:ルート名
E-2kouAsyousai.png
概略図攻略ルート
&ref(): File not found: "Aroute2.png" at page "ページ名";ここに説明文を記載してください。


マップB:ルート名
E-2kouBsyousai.png
概略図攻略ルート
&ref(): File not found: "Broute2.png" at page "ページ名";ここに説明文を記載してください。


マップC:ルート名
E-2kouCsyousai.png
概略図攻略ルート
&ref(): File not found: "Croute2.png" at page "ページ名";ここに説明文を記載してください。


+  敵艦隊編成


攻略情報

  • 【編成について】
    出撃制限により重巡2隻と軽巡1隻が必須です。残る3隻ですが、ドロップを期待するのであれば翔鶴、そうでないなら最上型航空巡洋艦1隻を入れる。あるいは航空キャンセルは捨てて、駆逐を1隻入れて、残る2隻は大井改二?北上改二?をおすすめします。
    なお、このステージで必要になる艦隊の速度合計は最低、''単縦で214、複縦で201’’です。この数値未満の場合は、敵航空攻撃を避けられず被弾することになります。実際はもう少し余裕を見ないと常に全速力を要求されますので、+7 〜+10程度を推奨します。となると、駆逐を1隻入れざるを得ないか、もしくは軽巡に缶を積んで速度38以上にする必要があるでしょう。(速度38以上の場合のボーナス+3)吹雪型の場合は強化型艦本式缶を一つ積むことで速度40になり、ボーナスも+6となり非常に有用です。吹雪型は本海域でドロップしますので、候補になり得るでしょう。

  • 【装備について】
    航空巡洋艦を入れている場合は航空キャンセル用に瑞雲を積みましょう。空母を翔鶴1隻にする場合は、思い切って艦戦を入れず、4スロット全て艦爆だけにする方が結果的には戦力になります。この場合は、航空キャンセルすると40%ほど機数を消耗しますので、航空キャンセルは奥の手と考え、慎重なプレイングを心がけましょう。
    後は速度調整のために缶を積み増し、[[大井改二]北上改二?を投入する場合は、甲標的?を積み忘れないようにしましょう。

    また、道中のルート次第ですが、対潜をするのであれば、軽巡・駆逐に三式水中探信儀と、できれば三式爆雷投射機を二つ積みたいところです。

  • 【道中について】
    道中敵編成は甲作戦でもそれほど難易度高くはありませんが、事故防止の観点で言えば、タ級を避けたルート取りをオススメします。マップAでは空母→潜水艦→ボス、マップBでは潜水艦→空母→ボス、マップCでは空母→ボスの順番に倒すせば、4周でゲージ割ができます。
    ボス戦では常に全速力で走る必要がある場合がありますので、疲労抜きをしっかりして、ボス戦に備えましょう。

  • 【ボス戦】
    ボス艦隊は4-4通常海域とほぼ同一構成(ただし浮遊要塞のHPが底上げされてます)ですが、随伴艦隊に空母ヲ級がいるため、戦い方が全く異なります。また、南方棲鬼同様の装甲を装備するため、魚雷あるいはクリティカル/カットインなどの攻撃で装甲を砕かないと、砲撃によるダメージは1/5程度になってしまいます。
    空母ヲ級の航空攻撃を避けるためには、単縦で214、複縦で197以上必要です。ただ、この値は航空攻撃が始まる前に全速である必要があるので、疲労抜きのための減速は非常に難しいと思われます。また、やらしいことに装甲空母鬼の航空攻撃は縦方向限定で単縦で211、複縦で201以上です。最低値を取るなら、複縦で201、単縦で214になります。


    被弾を少なく戦いを進める上でのお勧めは、超近接距離での背面攻撃です。実は敵艦隊に超接近した場合、随伴艦隊の攻撃は止みます。目安は、以下の画像を参照ください。

    IMG_6048.JPG

    敵艦隊の周りに赤い点線枠が見える場合は、敵航空攻撃は発生しません。また、敵空母は背面に位置している時は航空攻撃を仕掛けてきません。
    よって、まとわりつくようにボスに近づき、副砲で動きを止め、背面に回り続けることにより、敵攻撃を半減させることができます。
    また、背面に回るメリットは、魚雷に対して浮遊要塞の「庇う」が発生しないことです。これにより、浮遊要塞を沈める前に敵装甲を破砕。さらに追加の雷撃を叩き込んで、効率よくボス艦隊を沈めることができます。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS