この海域について

・2018年2月1日に実装された海域です。ブラウザでも屈指の難所である悪名高きサーモン海域。ブラウザを踏襲して夜戦からスタートする新機軸のマップになってます。その難易度は過去のイベントの最終海域に引けを取らないものとなっています。艦隊の練度と装備を充実させて、心して挑みましょう。


ドロップ情報

+  通常海域ドロップ


通常海域


海域略称5-3海域難易度★★★★★★★★★
海域名第一次サーモン沖海戦
作戦名第一次サーモン沖海戦
作戦内容敵戦力が集結する泊地に対して、夜戦突撃を速やかに敢行せよ!
消費GP350GP経験値
戦果(道中)32(暫定)戦果(ボス)150(暫定)
作戦時間4' 30"
出撃制限戦艦・重巡より任意の2隻以下、駆逐2隻
攻略条件敵ボス南方棲戦姫を8回撃沈する


マップA:ボス中央
MapAsyousai.png
概略図攻略ルート
MapAgairyaku.png攻略情報参照



マップB:ボス奥
MapBsyousai.png
概略図攻略ルート
MapBgairyaku.png攻略情報参照



マップC:ボス下
MapCsyousai.png
概略図攻略ルート
MapCgairyaku.png攻略情報参照



+  敵艦隊編成




攻略情報



【編成について】
駆逐2隻が必須で、戦艦・重巡が2隻までという、初めて隻数制限がかかる海域。 夜戦が主体のマップのため、自ずと雷装が高い艦が活躍します。ここでは攻略のための編成をテンプレートにして紹介します。慣れたら一部を他の艦に変えるなど、工夫するのも良いでしょう。

攻略編成テンプレート

島風改
駆逐最高の雷撃能力と、索敵マップでの速度を重視して採用。

潜水艦1隻
攻防一体の役目を果たすこのマップのキーとなる艦です。攻撃面での活躍を期待するなら改装済みでLV30程度必要。
2-3,2-4などの序盤海域でもドロップ報告ありますので、この海域チャレンジ前にぜひ掘りましょう。

大井改二?北上改二?
メイン火力。甲標的の有無で難易度は相当変わります。

榛名改二?
超長距離射程と夜戦手数の補完、対空カットインなど、数々の役割を果たします。運の値が高いため、単艦での砲撃でも十分カットインを狙えます。所持していない場合はもちろん他の金剛型改二や、榛名改でも構いません。

Верный?
駆逐艦のもう一隻は速力が高く、雷装・火力が十分な艦ということでВерный?を採用。時雨改二?夕立改二?でも良いですが、その場合は強化缶を積むことをオススメします。(理由は後述)


【装備について】
ここではテンプレートということで、各艦娘の装備をご紹介します。

島風改
61cm五連装(酸素)魚雷
61cm五連装(酸素)魚雷
61cm四連装(酸素)魚雷

潜水艦
61cm四連装(酸素)魚雷
61cm四連装(酸素)魚雷

大井改二?北上改二?
甲標的?
15.5cm三連装砲(副砲)
15.5cm三連装砲(副砲)

榛名改二?
35.6cm連装砲(ダズル迷彩)?
46cm三連装砲
三式弾
15.5cm三連装砲(副砲)

Верный?
61cm4連装(酸素)魚雷?
61cm4連装(酸素)魚雷?
探照灯?

上位互換の装備がある場合はもちろん差し替えても良いでしょう。探照灯?は推奨ですが、マストではないです。ない場合は魚雷に積み替えても構いません。



【道中についてその1:基礎知識】

この海域の特性は、時間経過で夜間作戦から昼間作戦に変わることです。索敵マップでの経過時間が2分ごとに、夜→昼→夜と変わっていきます。

夜間作戦中は通常の海域と以下の点で異なります。

・艦載機による索敵はできません(今のところ)
・航空攻撃はできません(今のところ)
・戦闘は夜戦からスタートし40秒に短縮。敵が連合した場合は60秒。いずれも延長なし。
・従来の夜戦同様、雷装値が火力にプラスされるため、駆逐艦でも戦艦を上回る攻撃力を得ます。
・従来の夜戦と異なり、会敵した時の敵艦隊との距離は遠距離射程外からスタートします。
・敵艦載機による索敵とマップ上の航空攻撃はありますが、敵航空攻撃の威力は著しく落ちます。
・昼間作戦に移ると通常どおり、索敵や航空攻撃が可能になります。敵航空攻撃の威力も著しく上昇します。


ボスと護衛要塞の耐久力が非常に高いため、生半可な火力では昼間作戦中の戦闘では落とせません。
従って、2分置きに変わる昼間作戦を避けて、夜間作戦中にボスと会敵する必要があるということです。そしてそれは作戦時間の関係上、最初の2分以外はほぼあり得ないことになります。(2分経過後、昼間作戦から夜間作戦に変わるのはその2分後、つまり作戦終了30秒前です)

幸いなことに(重要なことでもありますが)、戦闘中の時間経過はこの夜間→昼間への変化に影響を与えません。純粋に索敵マップで経過した時間のみが影響します。

以上のことから、この海域に挑む提督は、まず時間管理を心がけなければなりません。道中戦闘をこなした場合に、あと残り時間何秒で夜間→昼間に移るのか、きちんと把握する必要があります。

大雑把に次の時間を頭に入れておけば、残り時間がどれくらいか把握できるでしょう。


夜間作戦タイムリミット

(下記時間を過ぎると、昼間になってしまいます)

道中ゼロ戦時2' 30"
道中1戦時1' 50"
道中1戦時(連合)1' 30"
道中2戦時1' 10"
道中2戦時(1戦連合)0' 50"



実際は戦闘時間の余りなどで上記時間よりも多少は余裕があることもあるでしょう。とはいえ、せいぜいロスタイム程度の差ですので、まずはこのタイムリミットを頭に入れて時間内でボスと会敵することを試みましょう。そのために次のルート取りが重要になります。

【道中についてその2:ルート取り】
ルートは上ルートと下ルートの二つあります。まずは敵ボス位置で判断します。

ボス位置が真ん中→マップAorマップB
ボス位置が下→マップC


‐絅襦璽函淵泪奪A・マップBの場合)
開幕からまっすぐ右方向に全速力で移動します。複縦陣を使う場合は開幕で陣形変更します。 マップAとマップBの区別は、開幕ではなかなかつきません。しかし、区別がつかなくてもどちらのマップでも右に移動するだけなので問題ありません。



▲泪奪Cの場合
開幕から斜め下に全速力で移動します。マップCの場合は陣形変更の余裕はありません。進軍の途中、ボス前で陣形変更することになります。

では、´△粒幕後のルートと立ち振る舞いについて解説していきます。

まずはマップAとマップBのルートを図示します。

マップAルート
MapAroot.jpg


マップBルート
MapBroot.jpg

それぞれのチェックポイントを解説します。

-1 マップA・マップBの見分けと道中1戦目
右に進軍していく時に、前方から敵が出現するのがマップA、下から現れるのがマップBです。
いずれのマップでも、接近してくる敵艦隊を避けることなく、接触して戦闘に入りましょう。

敵艦隊はタ級がいますので、タ級の射程外から榛名改二?で攻撃を加えましょう。(ここではなるべく道中のリスクを避けてクリアを目指す方法をご紹介します)。タ級の射程に入らず、榛名改二?の3回の攻撃と潜水艦魚雷で、A勝利はとれるものと思います。

-2 2番目の敵艦隊の取り扱い
マップAなら敵艦隊がこちらに向かってくるので、無理に避けずに接触します。マップBの場合は敵艦隊は遠ざかりますので、深追いせずスルーします。

-3 海峡越えで甲標的発射
この地点で、マップA(ボス下方に位置)の場合は下に、マップB(ボス上方向)の場合は上に、甲標的を撃ちます。

kouhyouteki.png

-4 下方向に移動しながら会敵
海峡を越えた段階で下に移動をします。マップAの場合は下に位置するのはボスなので、潜水艦を切り離さないよう速度調整をしながら、なるべくボスの進行方向真正面からぶつかるように接触するよう心がけます。
マップBの場合は-2で道中戦をしていない関係で、すでに潜水艦と榛名改二?は隊列から外れているはずです。ですので、ボスに行く前に下方向にいる敵艦隊と接触して調整し、艦隊を合流するようにします。
なお、敵艦隊には空母がいますので、戦闘中のんびりと休んでるわけにはいきません。
この時、島風改Верный?以外の艦が戦闘参加していないのであれば、原速にしておくことで航空攻撃の合間に疲労抜きが可能です。この2隻だけであれば、航空攻撃のアニメーション後に速度を一杯にすれば、航空攻撃に捕まりません。

-5 甲標的をコントロールしながらボスと会敵
マップBの場合は、ボスが上から迫ってるので、止まってる甲標的を再度発進させボスに触接させてから、なるべくボスの真正面からぶつかるように接触するよう心がけます。


次にマップCのルートを図示します。

マップCルート
MapCroot.jpg



同様にチェックポイントを解説していきます。

-1 アイテムを目印に斜めに南下
艦載機が飛んできますが、相手をせず、全速力で南下します。島風改の速度のおかげで、陣形が著しく乱れ、後続艦との距離が開き、結果として航空攻撃を回避できるケースも多いはずです。また、仮に航空攻撃を受けても、夜間作戦時間では火力が大幅に下がるため、ほとんどのケースでは小破にもならないでしょう。
もし中破以上になる場合が多いのであれば、Верный?に高角砲と対空電探を積んで、対空カットインが発動するよう微調整をするのも一手です。

-2 敵艦隊と並行しながら、ボスが見えるまで右方向に直進
アイテムの辺りを過ぎると、遠ざかる敵艦隊が見えてきますので、そのまま全速力で追走→並走します。



heisou.JPG

写真のように敵2艦隊が画面にいるうちは連合する危険性があるので、並走を続けます。並走を続けてるとボスが出現するので急ブレーキをし、上に進みます。



bosshakken.JPG

上に方向を変えたあたりで並走していた敵艦隊がこちらを発見して向かってくるので接触して戦闘に入ります。島風改1隻なので無理をせず、タ級の射程外で疲労抜きをしながら時間切れを待ちます。

-3 戦闘終了後、即座に甲標的を撃ち、ボスから遠ざかる
戦闘により敵艦隊が消滅するため、一番近い敵艦隊がボスになり、ボスがこちらを見つけ向かってきます。このままぶつかると甲標的を撃てませんので、甲標的を撃ちつつ、触接まで時間稼ぎのためにボスから遠ざかります。

この際、遠ざかり過ぎると今度は追いかけるのが大変なので、3〜4秒程度で減速して舵輪を回し再びボスの方に方向転換します。ボスは数秒でこちらを追うのを諦め、「のの字」を書くように向きを変えて、元のコースに戻り始めます。陣形変更するなら、このタイミングです。
ボスは元のコースに戻るので、ちょうど並走した敵艦隊がいた位置に向かい、上から周りこみます。ボスがこちらを見つけ再び向かってきますので、真正面から接触するように調整してボス戦に突入します。

この一連の動作は
・甲標的の触接時間を稼ぐため
・陣形変更の時間を稼ぐため
・ボスを追う形でボス戦に入ると、ボス戦スタート時にボスがこちらに向きを変える最中にT字不利になりやすく、その間に砲撃を撃たれ、敵カットインが発動してクリア不能になることが多く、それを防ぐため 行うものです。これらの手順を踏まず、ボスを「足止め」しないと、今度は遠ざかるボスを追いかけ並走しながら、ボスがこちらに気付く位置まで我慢することになります。(そうして大概の場合は時間切れで昼間になります)



【ボス戦】
開幕はルート取りがうまくいっていれば、潜水艦の先制魚雷・甲標的が発動し、ボスに対してまっすぐ直進すればいいはずです。敵の初手の攻撃は航空攻撃か、砲撃になりますが、会敵時の敵艦隊映発影、複数確認の砲撃音の後、再度砲撃音がなり、砲撃メッセージが出た場合はブレーキをかけ榛名改二?の主砲で夾叉を狙います。(長距離の夾叉は非常に難易度高いですが、ここでやれることはそれくらいしかありません)

航空攻撃の場合はそのまま突撃します。
中距離で大井改二?北上改二?(と夾叉を狙っていない場合、榛名改二?の主砲)を撃ちます。副砲を撒きながら近距離に入る手前で甲標的が着弾しますので、その段階で右か左に回頭し、T字有利を取りにいきます。T字を確認したところで駆逐・大井改二?北上改二?で砲撃を加えます。十分な練度を伴っていれば、この段階で護衛要塞は半壊している筈です。残り44秒程度あります。

その後は、近接距離を保ちつつ、副砲で牽制を加えながらT字有利をなるべくキープし続けます。合間に至近距離から潜水艦魚雷での攻撃を加えましょう。超至近距離なら待機時間ゼロで撃て、クリティカル発生すればLV30でも200ダメージ程出せます。

33秒付近で視界に甲標的が見えてきますので、慌てずに魚雷を準備、ボスに向かって撃ちます。28秒に着弾しますので、複縦陣を利用している場合は着弾直前に単縦陣に変更してみてください。T字をキープして陣形変更が間に合えば、おそらくこの攻撃で撃破可能なはずです。
この攻撃で撃破できない場合でも、ボスのHPが400を下回っていて、護衛要塞の残が3機以内であれば(大破艦の数次第ですが)十分撃破可能です。夜戦は特に乱数のブレが大きいので、粘り強く交戦状態を意識してT字で撃ち続ければ最後は大井改二?北上改二?のどちらがスナイプしてくれることも多いです。

Tipsをいくつか紹介します。

・夜戦は特に手数が大事なので、駆逐と大井改二?北上改二?を揃えて一斉攻撃を狙うよりは、各々のリロード時間で即攻撃した方が効率よく倒せます。ただし、中破や大破艦が出てる場合は火力不足で的が減らず、時間だけ過ぎるということがあり得ます。その場合は一斉攻撃ボーナスを狙った方が結果的に的が減ることにつながるので、駆逐で中破・大破を出している時は雷巡側に合わせ、雷巡で中破・大破を出している場合は駆逐か榛名改二?のどちらかとタイミング合わせて攻撃をすることを心がけましょう。

大井改二?北上改二?は一撃で各々護衛要塞を落とせる火力がありますので、攻撃の際は同じ的を狙わないように留意します。具体的には発令ボタンを多少滑らすイメージで押下します。砲撃の演習で100点を取るタイミングでのボタン押下は同一ターゲットを狙う結果になりますので、注意が必要です。

・姫のHPが高いため、甲標的と合わせた魚雷以外では、姫に魚雷直撃でもそう簡単に落ちません。よって、魚雷を過信してると、後半撃つタイミングを逃して魚雷が余ったり、一発逆転の魚雷で落としきれなくてゲージを十分削れないということが起こります。割り切って早めに使って護衛要塞を1機潰すというのも十分有用な選択肢です。ただし序盤の甲標的が外れるなどで姫の装甲が剥がれていない場合は少し様子を見ましょう。

・ゲージ割の段階は随伴艦は全く無視して良いので、可能であれば開幕レーダーで随伴艦の位置を確認し、左右に回頭する際は随伴艦から離れるように動くと、邪魔が入りづらいです。

・敵航空攻撃は全て潜水艦が吸ってくれますので、回避行動は取らずに、ただただ、敵航空攻撃のスクエアの攻撃範囲に自艦隊と潜水艦が位置するようにしましょう。慌てて動いて潜水艦だけスクエアを出るということがないように注意です。潜水艦の位置は2番艦に置くのがセオリーだと思いますが、単縦陣を常用する場合は5番艦か6番艦に置いておくとスクエアから出ることは少ないかと思います。(そのかわりスピードを出すと後ろに潜水艦が残るので、ほぼ必ず潜水艦が航空攻撃に引っかかり、演出が鬱陶しく感じるかもしれません)

【周回について】
ゲージ割の際は、姫撃破が必須条件でしたが、ゲージ破壊後の周回では必ずしも姫撃破は必要ありません。随伴艦隊含め12隻中、10隻を沈めればS勝利を取れます。(9隻でもS勝利がでたケースもありましたが、姫と随伴艦の旗艦両方が落ちてましたので、9隻の場合は姫落とせないとS確定しない可能性があります)
序盤の大まかな流れはゲージ割と一緒ですが、甲標的の着弾〜20秒までに護衛要塞を4隻沈め、随伴艦の始末に取り掛かった方がベターです。また、当然ですが、随伴艦の位置を確認しながら、あまり大きく離れることのないようにすることも重要です。


道中0戦ルート(工事中)

ネタばれ注意!!

道中0戦ルート情報について

当wikiではネタばれ防止のため、別ページにて解説しております。
ルート発見もこのゲームの楽しみの一つです!
攻略ルートをご自身で探したい方、あからさまなルート情報を好まない方は、以下のリンクを辿るのはお控え頂くようご注意願います。
↓↓
道中0戦ルート情報(工事中)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS